終わる end, finish, be over, complete, finalize 違い

◆ end : 終わる、終わらせる
  継続状態にあるものが最終的に終わりになることで、
  finish のように運動性を表すことはなく、
  活動状態の終了した時点にのみ、焦点が当てられます。

  終わるものとしては、何らかの「出来事」や「一定の期間」などがきます。
  物語や映画の終わり、戦争や時代の終わりなども end です。
  英会話のCDなどにおいても「これで第1課の終わりです」などは、
  This is the end of Lesson1. となっています。
  初めから終わりまでは、from beginning to end です。

  The free trial period will end on June 2nd.
  無料お試し期間は、6月2日までです。

◆ finish : 終わる、終わらせる
  突然始まった動作や運動が最終的にその目的を達成し、終了状態になること。
  つまり今まで行っていたことを、終わらせることが finish の基本です。
  マラソンのスターティングラインを出発して、最終的にたどり着くゴールが
  フィニッシュです。

  Have you already finished your homework ?
  もう宿題を終えましたか。

◆ be over : 終わる
  ある出来事や時間などが終わって、もうそれ以上ない・・というニュアンスです。
  day, time, period など end と近いコロケーションを示します。

  Vacation time is over and it is time to get back to our routine.
  休暇は終わり、いつもの日常に戻るときが来た。

◆ complete : (時間をかけて)終わらせる
  活動状態にあった物が最終的にその目的を達成し、終了状態になるという点では
  finish と同じですが、
  特にそれまでに長い時間を要したことに焦点が当てられます。

  The brige will be completed in two years’ time.
  その橋は2年後に完成するでしょう。

◆ finalize : (計画・取り決めなどを)決着させる
  計画や取り決めなどに関して、最終的な決定を下し終了させることです。

  We still need to finalize a few details.
  まだいくつか細かい点で決着をつけなくては。

Comments are closed.