今、日本がやるべき最重要事項

今、日本が将来の為にやるべき最重要事項は、自国の経済の発展を多少犠牲にしてでも、とにかく中国の経済発展を阻止する(少しでも遅らせる)ことです。

現在は、有難いことにアメリカが一国で頑張ってある程度中国を押えてくれているが、それでも南シナ海問題に象徴するように世界中を我が物にせんと進出を続けております。

中国は自国の発展の為に政府自身が、スパイ活動や特許侵害などルールを破ることを認めています。目的の為には手段を選びません。

中国は自国の発展の為には、他国との調和や他国の不利益などはまったく気にしない国です。それどころか、他国を潰して我が物にしようと企んでおります。

もしもアメリカが中国の頭を押さえてくれなくなった、または押えられなくなった場合には、海の領有権問題では、南シナ海・東シナ海ばかりでなく、日本海、その後は日本の太平洋側の海域まで普通に立ち入って来始めるなど、少しづつ日本を始め世界中の国々が中国に支配されてしまうことになるのが確実です。

「いくら中国でも、流石にそこまでは・・・」と思われる方も多いかと思いますが、それは日本人から見た常識で、中国人には日本人が持つような、ルール・常識・モラル・調和・遠慮・程々・恩・義理のような言葉は初めっから存在しませんので、どこまでも無制限に欲しい物は力づくで手に入れようとします。何よりの証拠が南シナ海の中国が引いた九段線です。もし日本人のあなたが中国の立場で南シナ海の領有権を争っていたとしても、あそこまで極端に他国の目の前の海まで自国の領土だと主張しますか?あのような主張を遠慮なく平気でやるのが中国人から見た普通の感覚なのです。ですので、同じ人間だと考えない方が良いでしょう。

中国はそんな国ですので、経済がさらに発展すると軍事力も拡大し、今我々が何もしないと、孫の時代には間違いなく中国に支配されることとなりますが、皆さんはそれで良いのでしょうか?

昨今、トランプ政権が中国との貿易戦争を始めました。そうすると直ぐ様中国は日本に友好関係を求めて来ました。子供でもわかるようなあからさまな手のひら返しが恥ずかしくもなく平気で出来る神経も理解出来ません。

ただ今回は、それ以上に驚いたのは、日本の首相がその白々しい友好の誘いを笑顔で受け入れている姿です。それを見た瞬間、我々の孫の世代の日本は、もう終わったと感じました。それは絶対にやってはならないことです。

今日本がやるべきことは、アメリカに便乗して、中国に貿易戦争を仕掛けたり、民間企業に補助金を出してでも、中国にある日本企業の工場を他国に移すなど、とにかく中国の経済発展を阻止することです。出来れば諸外国にもそれに参加するよう求めたいところです。その為に日本の経済発展が遅れたとしても、近い将来中国に支配されるよりはまだましです。ODA(政府開発援助)など泥棒に土産を持たせるような行為は愚の骨頂としか言いようがありません。完全に自分の首を自分で締める行為です。

アメリカ政府はそれに気付いたので貿易戦争を開始しましたが、日本は他人事のように高見の見物をしている立場ではありません。中国の海外支配がエスカレートすればアメリカ以上に迷惑を被るのは日本ですので、本来は日本が先にそれに気付き先頭に立って中国の発展をくい止める為に貿易戦争を検討し、アメリカにも協力を求めるのがあるべき順序です。

一刻も早く、日本政府にもそれに気付いて欲しいと願う限りです。