麦選り:第三のビール

麦選り:第三のビール

1998年に、キリンビールが麒麟淡麗〈生〉を発売して以来、しばらくこれを購入しておりました。発泡酒の中では、自分にとっては、これが一番でした。

 
2003年の酒税法改正によって発泡酒の税率が引き上げられ、「第三のビール」と呼ばれる商品が出て来てから、一通り色々な「第三のビール」を飲み比べましたが、今一つ自分に合ったものが無かったのですが、
ある時、近所の業務用スーパー で「麦選り」という第三のビールを見つけ、試しに買ってみたところ、コクがあると言うのか、どう表現したら良いのかわかりませんが、今まで飲んだ全ての発泡酒・第三のビールの中で、これが一番本物のビールに近い味がするような気がします。

 
麦選りは、韓国製の第三のビールですが、日本は大手ビール会社4社の販売力・マーケティング力が強く、中々お店に置いて貰えることが出来ないのか、売っているお店を探すのは大変でしたので、結構不便でしたが、無くなると、いつもの店に行って、2ケース(48本)単位で購入していました。 
 
価格は多少変動はありますが、私は1本辺り100円以下(税込)で購入しています。 自分にとっては、これが一番のお気に入りの味なので、何故この商品が人気にならないのか不思議に感じます。